【スナックのお仕事について】

スナックと聞くとやや古臭いイメージを持ってしまう方もいるかもしれませんが、未だにスナックはたくさんのお店がありますし、ナイトワークの代表格のような業種です。また、スナックと呼ぶこともあれば地域によってパブと呼ぶこともありますが、この二つの業種に明確な線引きはありませんからほとんど同じ業態と考えて間違いないでしょう。スナックには基本的にママが常駐しており、お店によってはママ一人で切り盛りしているところもあります。比較的小規模なお店が多く、スタッフも必要最低限というところが多いですからアットホームな雰囲気のお店が多い傾向にあります。

仕事内容はキャバクラやクラブと同じで、お店にやってきた男性客の隣に座って接客を行います。お酒を作るのはもちろん、灰皿の交換やテーブルの片づけなどもスタッフの仕事内容に含まれています。キャバクラだと雑務を黒服が行ってくれることがほとんどですが、こちらは基本的にすべて女性スタッフがまかなうことが多いです。料理を作るのも女性スタッフが行うことがありますし、店内の掃除や片づけなどあらゆる雑務をママやスタッフが行うことがほとんどです。キャバクラやクラブよりはやや仕事内容が多いかもしれません。

キャバクラのように指名やアフター、同伴といったシステムもありませんから気軽に始められるアルバイトの一つです。また、基本的にママ一人と女の子1~2人ということも多いですからのんびりマイペースで働くことができるでしょう。ノルマなどが課せられるお店ももしかしたらあるかもしれませんが、ほとんどのお店ではありません。また、営業時間もママの気分次第で長くなったり短くなったりすることがあります。これもアットホームな業態ならではの特徴と言えるのではないでしょうか。

気になる時給ですが、これはお店や地域によってまちまちです。やはり都心部だとそれなりに高い時給を設定していることが多いですが、それでも2000円程度が相場でしょう。時給1500円というお店もありますし、キャバクラのようにバック制があるわけでもありませんから稼ぎそのものはそれほど太くありません。ガッツリ稼ぎたいと考えている方はクラブやキャバクラのほうが良いでしょう。マイペースにのんびり働きたい方や、気軽にお水のアルバイトをしてみたい方にはオススメです。お店によって女の子の年齢層はまちまちですから、面接申込みの前に問い合わせておくと良いでしょう。