【ラウンジのお仕事について】

ナイトワークの一つとして知られるラウンジですが、どのような業種なのか、仕事内容はどうなのかということはあまり知られていません。実は関東ではラウンジはあまりメジャーな存在ではなく、どちらかというと関西エリアでポピュラーな存在です。基本的にラウンジは高級クラブとキャバクラを足して二で割ったようなお店で、キャバクラに高級クラブの要素を加えたお店とも言えるでしょう。明確な定義が存在しないため説明するのは少々難しいですが、基本的な仕事内容そのものはクラブやキャバクラとそこまで差があるわけではありません。

お店に足を運んでくれたお客さんに丁寧で上品な接客を行うことが主な仕事内容となります。ラグジュアリーさを意識したキャバクラですから、フレンドリーさやフランクさは排除しなくてはなりません。高級さを意識したお店が多い傾向にはあるものの、実際にはキャバクラとほとんど変わらないということもありますから明確に線引きすることは難しいです。ただ、仕事内容だけで言えばキャバクラやクラブとほとんど変わりませんから、そこまで難しく考える必要はないでしょう。呼び方が少し違う程度の認識でも大丈夫です。なお、関東エリアではこのような形態のお店をニュークラブと呼ぶこともあります。関東でいうところのニュークラブが関西のラウンジということですね。

高級クラブでは永久指名制度が採用されているため、一度決めたホステスから別のホステスに指名替えするということはできません。近年では指名替えできるようなお店もあるようですが、基本的にはできないことがほとんどです。では、ラウンジはどうなのかというと、コチラは自由指名ですからいくらでも指名客を増やすことができます。給与のシステムはキャバクラとほとんど一緒ですから、基本給にプラスしてバックという仕組みです。そのため、少しでも指名客を増やすことができれば自然と嬢の給与は上がっていきます。

どちらかというとキャバクラ寄りのお店ですから、あまり気にせずに求人に応募してみると良いかもしれません。お店によっては高級さを売りにしていることもありますから、そのようなお店だとキャバクラよりやや採用基準が高くなることもあります。高級志向のお店は給料もたくさん稼げますが、その分ノルマが厳しいということも多いですからそこだけは注意しておきましょう。体験入店を実施しているお店がほとんどですからまずはお試ししてみることが大切です。