【ナイトワークについて】

ナイトワークのお仕事にはどのような種類があるのか知りたい方もいるでしょう。特にこれからナイトワークにチャレンジするという方や、初めてナイトワークを体験するという方だといろいろな不安もあることでしょう。実際、夜のお仕事にはいろいろな種類がありますし、それぞれに特徴があり働き方や給与も変わってきます。まずはそこをしっかり理解しなくてはなりません。仕事の種類を知っているだけで仕事探しの幅も広がるでしょうから、まずはどのようなジャンルのお店があるのかを知識として知っておきましょう。

キャバクラはもっとも有名な夜のアルバイトです。現在では女子大生のアルバイトとしても人気がありますし、主婦が家事の合間にお小遣い稼ぎしようと働いているケースもあります。どのような業務かということですが、来店してくれたお客さんの横に座ってお酒を作ったり、会話の相手をすることが主な業務となります。とにかく男性を楽しくしてあげることが大切で、それなりの接客スキルも必要となります。給与は基本時給にプラスしてインセンティブが複数用意されています。指名客をたくさん捕まえ高いドリンクをオーダーしてくれたらそれだけでバックが相当入ります。

クラブのアルバイトも良いかもしれません。クラブといっても若者が足を運ぶディスコのような場所ではなく、銀座などにお店を構える高級クラブのことを指します。業務内容はキャバクラとほとんど一緒ですが、キャバでは女性がキャストと呼ばれるのに対しクラブではホステスと呼ばれます。永久指名制を採用しているお店がほとんどで、給与も比較的高いお店が多いです。しかし、高い給与が設定されているだけあってサービス品質の高さが求められますし、採用基準も高くなっていることが多いです。

ほかにもガールズバーやラウンジ、スナックなどいろいろなお店がありますが、基本的には男性にお酒を作ることと会話の相手をして場を盛り上げることが主な業務となります。ただ、働き方や給与などは随分差が生じることも多いですから、事前にそうした知識も身につけておく必要があります。それぞれの業種にメリットや魅力的な部分がりますし、デメリットや注意点があります。すべてを把握する必要はないかもしれませんが、ある程度知っておかないと求人探しにも苦労してしまいますし、長く勤めることもできないでしょう。これから夜のお仕事にチャレンジしようとしている方は覚えておいてください。

このように色々なナイトワークの仕事がありますが、基本は体入→本入する流れとなり、キャバクラの場合はこの流れが主流です。 本採用になる前にお店の雰囲気や客層などを知る事が出来るメリットがありますが、シフトを自由にコントロール出来る面では、キャバクラは体入より派遣の方が良いでしょう。 シフトを気にせずに自由に働きたいと考えている方はぜひキャバクラ派遣に挑戦してみてください。